癒して癒されてライブチャットレディ

癒されて

何かをしたくても何もできない、悩んでいることで何も出来ないという人も増えてきているのではないでしょうか。
仕事をしていてもやりがいを感じることができずに、そのまま辞めてしまうといった人も多くなってきているのです。
ただそうなってくると収入源がなくなってしまうので、生活するのは当然苦しくなってきてしまうでしょう。
家に引きこもりがちになっているという人も多いので、かなり問題になっているのかもしれません。
無気力のまま毎日を過ごしていたとしても、何も生まれません。

もしそういった悩みを抱えている女性は、ライブチャットレディを始めてみると良いかもしれません。
最近ではインターネットにライブチャットレディの広告を出しているサイトも増えてきており、浸透してきているようです。
女性でもそういった広告を目にして、実際に始めるようになったということがあるようです。
ライブチャットレディの仕事内容は、男性と会話をするだけといういたって簡単なものになっています。
ただ人によってはそのライブチャットレディの仕事を続けていることで、人気を獲得してしまうこともあるかもしれませせん。

会話をするだけなのですが、それでも積極的に相手の会話を聞いてあげるとより人気になれるかもしれません。
ライブチャットレディの仕事ではどれだけ男性から人気を獲得するかということが重要なのです。
ライブチャットレディの仕事は簡単ではありますが、人によってはやりがいを感じられる仕事になるかもしれません。
相手と会話をしていると自分もリラックスできるので、これからライブチャットレディの仕事を続けていってください。

プロフィールと写真撮影のコツ

コツ

本登録が済んだら、ライブチャットレディのサイトからログインし、プロフィールの作成に入ります。登録が済んだからといって、男性会員が来てくれるわけではありません。キャバ嬢になったつもりで、あなたの魅力が男性会員に伝わるよう、こだわって作成しましょう。
【プロフィール作成のコツ】
ニックネームや趣味などを入力します。この時「ひらがな」で記入することをオススメします。年齢やスリーサイズなどの誤魔化しは問題ありませんが、カメラに映ってしまいますから「ばれない程度」にしておきましょう。教えたくない内容には「ヒミツ」としておきます。
自分でキャラクターをつくり、なりきってしまうのもOKです。その際はセカンドプロフィールもシッカリ考えておくこと。
たとえば、「夢があって、学業に専念したいからチャトレで稼いでいる」とか、「将来の夢のためにお金が必要」だとか・・。出来るだけ細かく設定してなりきることです。そうすることで、本来の自分のことを話す必要が無くなります。
ここで作成するプロフィールが男性会員に公開されますので、事実を記入する必要はありません。男性会員に注目されるよう、魅力的な自分を作っていくのです。
【自己紹介用の写真を作成】
掲載する写真は、ライブチャットレディにとってとても重要になります。納得がいくまで、何度も撮影しましょう。
〜カメラの設定〜
・フラッシュは切る
・明るさは出来るだけ明るく、曇りや日陰モード、画質は低めで
〜撮影場所〜
・日中の明るいところ、屋外がベストですが晴れた日は半日蔭で
・蛍光灯の下で撮影する時は、白い紙をあごの下に置くこと
〜撮影の仕方〜
・カメラを上から当て、あごを引いて目線だけ見上げるように撮る
・男性への目線を意識して、上目づかいな感じがベスト
人間の顔は角度によって全く別の顔になります。ライトなどで光を当てると顔色がよくなり、肌もきれいに写ります。
他のライブチャットレディのプロフィールや写真を参考にしてみるのもオススメです。自分らしさが演出できるように工夫をしてみましょう。

チャットレディをする理由

理由

ライブチャットの女性、いわゆる「チャットレディ」は多くがお小遣い稼ぎのために行なっているものですが、チャットレディの中には変身願望を満たしてくれるからこそライブチャットが好きと言う人も珍しくなかったりします。
むしろライブチャットの中だけはいつもとは違う自分になれる。
そのような思いから、チャットレディとして頑張っている女の子もいたりするのです。
昼間は普通にOLとして働いているだけなものの、ライブチャットの時間になるとアイドルになったかのように活き活きと活動する人もいたりしますので、ライブチャットを楽しみにしているチャットレディも珍しくなかったりするのです。

やはり「非日常」を満喫する事が出来るのが楽しいのでしょう。
お小遣いを得たいという思いよりも、自分自身の姿を見て欲しい。
いわゆる「認証欲求」というものを満たすべくチャットレディとして頑張っている人も珍しくなかったりしますので、チャットレディが一概にお小遣い稼ぎのためにチャットレディでいるというわけではなかったりするのです。
チャットレディと呼ばれている人たちも様々な事情があるという事でしょうが、自分のために多くの男性が待っているのはやはり嬉しいでしょうし、非日常でしょうね。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.